トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 院長の技術力

院長は矯正歯科「専門医」、臨床研修機関に指定された医院

院長の技術力1
当院院長 小跡清隆は、3,300症例以上の矯正経験を持つ矯正歯科のエキスパート。
最も審査基準が厳しいといわれる、日本矯正歯科学会により認定された、矯正歯科の「専門医」です。
そして「専門医」としての父の背中を追い、小跡弘幸も日本矯正歯科学会の「認定医」としての資格を取得しました。
また、当院は矯正歯科の「認定医」や「専門医」になるための臨床研修を行う施設として、日本矯正歯科学会の臨床研修機関に指定されております。

「何年もかかる治療だからきちんとした先生にみてもらいたい」
「矯正専門医院はたくさんあるけど、どの医院を選べばいいか迷っている」

という方は多いのではないでしょうか?
このページでは、当院院長 小跡清隆の技術力と矯正「専門医」についてご紹介します。

●「専門医」は、全国矯正歯科医師のわずか1.3%
●「認定医」「指導医」を経て「専門医」になれる
●当院は臨床研修機関に指定された医院です

「専門医」は、全国矯正歯科医師のわずか1.3%


一口に矯正歯科医といっても、その技術・経験には差があります。矯正「専門医」は極めてハイレベルな資格であり、全国の矯正治療を行っている医師のなかでも、認定を受けた「専門医」はたったの約1.3%(※)。
その数字をみても「専門医」として認められるには、いかに高い技術レベルと豊富な経験、そして深い専門知識が必要かご理解いただけると思います。
2011年11月現在、「専門医」と認定された医師は中国地方で12名(岡山2名、広島10名)のみです。

専門医とは

現在、「専門医」試験に合格し、認定を受けた歯科医師は全国でわずか約260人(※)しかおりません。現在国内で歯科矯正治療を行っている歯科医師が約20,000人ですから、専門医はその中のわずか1.3%ということになります。
この数字から見ても、「専門医」は非常に難易度の高い資格ということがお分かりいただけると思います。
※2011年11月現在、上述の「認定医」は約2,600人います。

その認定医の資格を持つ歯科医師のなかでも、より高度な専門性を持つ資格として「専門医」の制度が2006年よりスタートしました。第1回「専門医」試験の合格者は、156人、第2回目は70人の合格者でした。合格率は、約50~60%といわれています。この合格率は認定医資格を受けている先生方を対象にしてこの結果ですから、大変難度の高い資格といえるでしょう。

試験内容は、治療実績を10症例、それぞれの患者さんから審査のための提出の同意書を付け、自分の名前を伏せたうえで症例の審査を受けます。その後、審査員から治療に関する口頭試問を受けるという非常に厳しいものです。

日本矯正歯科学会認定の「専門医」であるかどうかは、安心できる矯正治療を受けるためのひとつの基準といえるでしょう。

日本矯正歯科学会サイトへ >>

「認定医」「指導医」を経て「専門医」になれる


日本矯正歯科学会からの評価には、「認定医」「指導医」「専門医」の3つがあります。

「認定医」になるためには?
「認定医」は、5年以上「日本矯正歯科学会」に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において矯正臨床の5年以上にわたる経験が必要です。また、学術誌に報告を発表。審査に合格した者に与えられます。矯正治療を行っている歯科医師約20,000人中、認定医は約2,600人います。

指導医になるためには?
「指導医」になるためには、12年以上の矯正治療経験をもち、認定医取得後大学病院で3年間の教育歴がなければ取得できない資格です。現在、日本矯正歯科学会指導医は、全国に約570人います。

専門医になるためには?
「専門医」とは「認定医」「指導医」よりも、さらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、認定医であり認定医資格を取得後に2回以上更新試験に合格していること、最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があることが必要です。

また、10種類の不正咬合についてその治験例(術後2年以上の結果を含む)を提出し、審査に合格しなければなりません。
さらに、5年ごとの更新時には、その間に終了した3症例を同様に提出して審査をパスする必要があります。

当院の院長は専門医試験に合格し、さらに5年後の更新試験に合格しているドクターです。

当院は臨床研修機関に指定された医院です

院長の技術力2
当院は平成22年3月2日に、日本矯正歯科学会の臨床研修機関に指定されました。

臨床研修機関とは、大学卒業後2年間の研修をうけた歯科医師が、矯正歯科の「認定医」や「専門医」になるための臨床研修を行う施設で、当院院長が臨床研修指導医として、新人歯科医師の指導にあたっています。

わかりやすく表現しますと、矯正歯科医師となる資格(=認定医)を得るために研修することができる水準をみたしている教育施設として、日本矯正歯科学会から正式に認められ指定された矯正歯科診療所ということです。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
院長の技術力 美しい噛み合わせとは カウンセリング 子供の矯正 目立たない矯正装置 Step契約料金制 治療の期間・流れ 治療中の注意事項 痛みの少ない治療 矯正中の虫歯予防 矯正治療例 よくあるご質問(Q&A) 保険適応の矯正について 医療費控除

院長あいさつ・経歴
院内ツアー スタッフ紹介 アクセス・診療時間 患者さんとの記念撮影 リンク集 プライバシーポリシー

歯並び・噛み合わせでお困りの方はご相談ください。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 院長の技術力


コールバック予約