トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例

乳歯列の症例(4~5歳)

あごが成長段階にある幼児期では、比較的簡単な装置で短期間に治すことができます。

反対咬合(受け口) 交叉咬合

混合歯列の症例(小学校低学年) ...すべて非抜歯による矯正治療

早い適切な時期から矯正治療を行うと、歯を抜かない(非抜歯)で治療を終えることができる可能性が高くなります。

歯性反対咬合(受け口) 骨格性反対咬合(受け口) 歯性上顎前突(出っ歯) 骨格性上顎前突(出っ歯) 叢生(乱杭歯) 開咬(上下の歯が噛み合わず離れている)

永久歯列・成長中の症例(小学校高学年~中学生)

不揃いだと永久歯に虫歯ができやすい時期なので早めに相談をおすすめいたします。

反対咬合(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 反対咬合(口元の改善=抜歯による矯正治療) 上顎前突(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 上顎前突(口元の改善=抜歯による矯正治療) 叢生(乱杭歯・八重歯=非抜歯による矯正治療) 叢生(乱杭歯・八重歯=抜歯による矯正治療)

永久歯列の症例(成長終了)

あごの関節に負担が生じて顎関節症になる前に、治療のご相談をおすすめいたします。

反対咬合(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 反対咬合(口元の改善=抜歯による矯正治療) 上顎前突(口元の改善=抜歯による矯正治療) 叢生(乱杭歯=非抜歯による矯正治療) 叢生(乱杭歯=抜歯による矯正治療) 開咬(上下の歯が噛み合わず離れている) 交叉咬合(上下の歯列の左右へのずれ) 空隙歯列

 

反対咬合(受け口) 

早めに治療することによって下顎前歯によって抑制されていた上顎の成長が解放されて、バランスの良い骨格に成長しやすくなります。これを放置しておくと、骨格的な不正がひどくなる場合があります。

治療前

*反対咬合(受け口)1 反対咬合(受け口)2 反対咬合(受け口)3

矢印 治療後

反対咬合(受け口)4 反対咬合(受け口)5 反対咬合(受け口)6

 

交叉咬合

早めに治療することによって顔のねじれ・口元のゆがみが改善されて、左右対称のバランスの良い顔立ちになりました。これを放置しておくと、顔が大きくゆがんで成長してしまう場合があります。

治療前

交叉咬合1 交叉咬合2 交叉咬合3
交叉咬合4 交叉咬合5 交叉咬合6

サムネイル名 治療後

交叉咬合7 交叉咬合8 交叉咬合9
交叉咬合10 交叉咬合11 交叉咬合12

 

歯性反対咬合(受け口)=非抜歯による矯正治療

歯性の反対咬合であれば比較的短期間で治療することができ、その後良好な成長が期待できます。これを放置しておくと、骨格性の反対咬合になってしまう場合があります。

治療前

歯性反対咬合(受け口1 歯性反対咬合(受け口2 歯性反対咬合(受け口3
歯性反対咬合(受け口4 歯性反対咬合(受け口5 歯性反対咬合(受け口6

矢印 治療後

歯性反対咬合(受け口7 歯性反対咬合(受け口8 歯性反対咬合(受け口9
歯性反対咬合(受け口10 歯性反対咬合(受け口11 歯性反対咬合(受け口12

 

骨格性反対咬合(受け口)=非抜歯による矯正治療

骨格性の反対咬合であればまず前歯部の反対咬合を改善して、その後永久歯列完成後に仕上げの治療をすることが一般的で、第一段階と仕上げの第二段階の治療と2回に分けての治療を行うことになります。

治療前

骨格性反対咬合(受け口)1 骨格性反対咬合(受け口)2 骨格性反対咬合(受け口)3
骨格性反対咬合(受け口)4 骨格性反対咬合(受け口) 骨格性反対咬合(受け口)6

サム矢印 治療後

骨格性反対咬合(受け口)7 骨格性反対咬合(受け口)8 骨格性反対咬合(受け口)9
骨格性反対咬合(受け口)10 骨格性反対咬合(受け口)11 骨格性反対咬合(受け口)12

 

歯性上顎前突(出っ歯)=非抜歯による矯正治療

歯性の上顎前突(出っ歯)であれば比較的簡単な、夜だけに使用する装置で前歯を引っ込めて、終わり頃に短期間表側からの装置をつけて仕上げをする治療が一般的です。

治療前

歯性上顎前突(出っ歯)1 歯性上顎前突(出っ歯)2 歯性上顎前突(出っ歯)3
歯性上顎前突(出っ歯)4 歯性上顎前突(出っ歯)5 歯性上顎前突(出っ歯)6

矢印 治療後

歯性上顎前突(出っ歯)7 歯性上顎前突(出っ歯)8 歯性上顎前突(出っ歯)9
歯性上顎前突(出っ歯)10 歯性上顎前突(出っ歯)11 交歯性上顎前突(出っ歯)12

 

骨格性上顎前突(出っ歯)=非抜歯による矯正治療

骨格性の上顎前突(出っ歯)であれば、骨格の不調和を治すために夜だけに使用する装置で骨格の不調和を改善した後、表側からの装置で仕上げの治療を行います。
成長が盛んな時期に治療を開始すれば、歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

骨格性上顎前突(出っ歯)1 骨格性上顎前突(出っ歯)2 骨格性上顎前突(出っ歯)3
骨格性上顎前突(出っ歯)4 骨格性上顎前突(出っ歯)5 骨格性上顎前突(出っ歯)6

矢印 治療後

骨格性上顎前突(出っ歯)7 骨格性上顎前突(出っ歯)8 骨格性上顎前突(出っ歯)9
骨格性上顎前突(出っ歯)10 骨格性上顎前突(出っ歯)11 骨格性上顎前突(出っ歯)12

 

叢生(乱杭歯)=非抜歯による矯正治療

前歯の不揃い・デコボコですが歯列を側方に拡大できる時期に治療を開始すれば、歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

叢生(乱杭歯)1 叢生(乱杭歯)2 叢生(乱杭歯)3
叢生(乱杭歯)4 叢生(乱杭歯)5 叢生(乱杭歯)6

矢印 治療後

叢生(乱杭歯)7 叢生(乱杭歯)8 叢生(乱杭歯)9
叢生(乱杭歯)10 叢生(乱杭歯)11 叢生(乱杭歯)12

 

開咬(上下の歯が噛み合わず離れている) 非抜歯による矯正治療

指しゃぶりや、舌を突き出す癖などによって上下の歯が噛み合うのが妨げられて離れていますが、できるだけ早期に治療を開始すれば、癖も早くとれて歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

開咬1 開咬2 開咬3
開咬4 開咬5 開咬6

矢印 治療後

開咬7 開咬8 開咬9
開咬10 開咬11 開咬12

 

反対咬合(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 

下顎の前歯によって上顎の前方への成長が抑制されているのを治すことで、上顎骨の良好な成長が生じれば歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

反対咬合1 反対咬合2 反対咬合3
反対咬合4 反対咬合5 反対咬合6

矢印 治療後

反対咬合7 交反対咬合8 反対咬合9
反対咬合10 反対咬合11 反対咬合12

 

反対咬合(口元の改善=抜歯による矯正治療) 

下唇の出ているのを治すためや上顎の八重歯を改善するために、犬歯の後ろの歯を抜歯して口元の改善を行い反対咬合を改善しました。

治療前

反対咬合1 反対咬合2 反対咬合3
反対咬合4 反対咬合5 反対咬合6

矢印 治療後

反対咬合7 反対咬合8 反対咬合9
反対咬合10 反対咬合11 反対咬合12

 

上顎前突(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 

骨格性の上顎前突(出っ歯)であれば、骨格の不調和を治すために夜だけに使用する装置で骨格の不調和を改善した後、表側からの装置で仕上げの治療を行います。
成長が盛んな時期に治療を開始すれば、歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

上顎前突1 上顎前突2 上顎前突3
上顎前突4 上顎前突5 上顎前突6

矢印 治療後

上顎前突7 上顎前突8 上顎前突9
上顎前突10 上顎前突11 上顎前突12

 

上顎前突(口元の改善=抜歯による矯正治療)

骨格性の上顎前突(出っ歯)であれば、骨格の不調和を治すために夜だけに使用する装置を使いながら、犬歯の後ろの歯を抜歯して治療を行います。歯が大きかったり不揃いの程度が強いと歯を抜歯しての治療で口元の改善を行います。

治療前

上顎前突1 上顎前突2 上顎前突3
上顎前突4 上顎前突5 上顎前突6

矢印 治療後

上顎前突7 上顎前突8 上顎前突9
上顎前突10 上顎前突11 上顎前突12

 

叢生(乱杭歯・八重歯=非抜歯による矯正治療) 

口元の突出感がなく、歯列を側方に拡大できる時期であれば、裏側から歯列を拡大した後、仕上げの治療を行い歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

叢生(乱杭歯・八重歯)1 叢生(乱杭歯・八重歯)2 叢生(乱杭歯・八重歯)3
叢生(乱杭歯・八重歯)4 叢生(乱杭歯・八重歯)5 叢生(乱杭歯・八重歯)6

矢印 治療後

叢生(乱杭歯・八重歯)7 叢生(乱杭歯・八重歯)8 叢生(乱杭歯・八重歯)9
叢生(乱杭歯・八重歯)10 叢生(乱杭歯・八重歯)11 叢生(乱杭歯・八重歯)12

 

叢生(乱杭歯・八重歯=抜歯による矯正治療) 

口元の突出感が強く不揃いが強いので、拡大だけでは口が閉じやすい状態にならないために、歯を抜歯して口元の改善を含めての整列治療を行い、楽に口が閉じられる状態に改善できました。

治療前

叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
1 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
2 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
3
叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
4 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
5 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
6

矢印 治療後

叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
7 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
8 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
9
叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
10 叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
11 交叢生(乱杭歯・八重歯)抜歯
12

 

反対咬合(口元の改善=非抜歯による矯正治療) 

下顎の前歯によって上顎の前方への成長が抑制されているのを治すことで、上顎骨の良好な成長が生じれば歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。

治療前

反対咬合(口元の改善)1 反対咬合(口元の改善)2 反対咬合(口元の改善)3
反対咬合(口元の改善)4 反対咬合(口元の改善)5 交叉咬合6

矢印 治療後

反対咬合(口元の改善)7 反対咬合(口元の改善)8 反対咬合(口元の改善)9
反対咬合(口元の改善)10 反対咬合(口元の改善)11 反対咬合(口元の改善)12

 

反対咬合(口元の改善=抜歯による矯正治療) 

骨格性の反対咬合ですが、口元の改善と叢生(不揃い)の改善のために歯を抜歯して噛み合わせを治すことで、バランスの良い口元と顎関節に負担のない機能的な咬合関係を獲得できます。

治療前

反対咬合(口元の改善・抜歯)1 反対咬合(口元の改善・抜歯)2 反対咬合(口元の改善・抜歯)3
反対咬合(口元の改善・抜歯)4 反対咬合(口元の改善・抜歯)5 反対咬合(口元の改善・抜歯)6

矢印 治療後

反対咬合(口元の改善・抜歯)7 反対咬合(口元の改善・抜歯)8 反対咬合(口元の改善・抜歯)9
反対咬合(口元の改善・抜歯)10 反対咬合(口元の改善・抜歯)11 反対咬合(口元の改善・抜歯)12

 

上顎前突(口元の改善=抜歯による矯正治療) 

骨格性の上顎前突ですが、口元の改善と前歯の後退や叢生(不揃い)の改善のために歯を抜歯して噛み合わせを治すことで、バランスの良い口元と顎関節に負担のない、機能的な咬合関係を獲得できます。

治療前

上顎前突(口元の改善・抜歯)1 上顎前突(口元の改善・抜歯)2 上顎前突(口元の改善・抜歯)3
上顎前突(口元の改善・抜歯)4 上顎前突(口元の改善・抜歯)5 上顎前突(口元の改善・抜歯)6

矢印 治療後

上顎前突(口元の改善・抜歯)7 上顎前突(口元の改善・抜歯)8 上顎前突(口元の改善・抜歯)9
上顎前突(口元の改善・抜歯)10 上顎前突(口元の改善・抜歯)11 上顎前突(口元の改善・抜歯)12

 

叢生(乱杭歯=非抜歯による矯正治療) 

口元の突出感がないので叢生(不揃い)の改善のために上下の歯列を拡大して、歯を抜かないでバランスの良い口元と顎関節に負担のない機能的な咬合関係を獲得できます。

治療前

 叢生(乱杭歯・非抜歯)1  叢生(乱杭歯・非抜歯)2  叢生(乱杭歯・非抜歯)3
 叢生(乱杭歯・非抜歯)4  叢生(乱杭歯・非抜歯)5  叢生(乱杭歯・非抜歯)6

矢印 治療後

 叢生(乱杭歯・非抜歯)7  叢生(乱杭歯・非抜歯)8  叢生(乱杭歯・非抜歯)9
 叢生(乱杭歯・非抜歯)10  叢生(乱杭歯・非抜歯)11  叢生(乱杭歯・非抜歯)12

 

叢生(乱杭歯=抜歯による矯正治療) 

叢生(不揃い)が強いので改善のために歯を抜歯して整列することでバランスの良い口元と額関節に負担のない機能的な咬合関係を獲得できます。

治療前

 叢生(乱杭歯・抜歯)1  叢生(乱杭歯・抜歯)2  叢生(乱杭歯・抜歯)3
 叢生(乱杭歯・抜歯)4  叢生(乱杭歯・抜歯)5  叢生(乱杭歯・抜歯)6

矢印 治療後

 叢生(乱杭歯・抜歯)7  叢生(乱杭歯・抜歯)8  叢生(乱杭歯・抜歯)9
 叢生(乱杭歯・抜歯)10  叢生(乱杭歯・抜歯)11  叢生(乱杭歯・抜歯)12

 

開咬(上下の歯が噛み合わず離れている) 

叢生(不揃い)が強いので改善のために歯を抜歯して前歯を後退させ、整列することでバランスの良い口元と額関節に負担のない機能的な咬合関係を獲得できます。

治療前

開咬1 開咬2 開咬3
開咬4 開咬5 開咬6

矢印 治療後

開咬7 開咬8 開咬9
開咬10 開咬11 開咬12

 

交叉咬合(上下の歯列の左右へのずれ) 

交叉咬合ですが成人でも歯を抜かないで歯列を拡大整列することでバランスの良い口元と顎関節に負担のない機能的な咬合関係を獲得できます。変形が強い場合は、顎変形症ということで、すべて保険治療となり外科矯正を併用した治療となります。

治療前

交叉咬合1 交叉咬合2 交叉咬合3
交叉咬合4 交叉咬合5 交叉咬合6

矢印 治療後

交叉咬合7 交叉咬合8 交叉咬合9
交叉咬合10 交叉咬合11 交叉咬合12

 

空隙歯列

治療前

空隙歯列
空隙歯列

矢印 治療後

空隙歯列
空隙歯列

 

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
院長の技術力 美しい噛み合わせとは カウンセリング 子供の矯正 目立たない矯正装置 Step契約料金制 治療の期間・流れ 治療中の注意事項 痛みの少ない治療 矯正中の虫歯予防 矯正治療例 よくあるご質問(Q&A) 保険適応の矯正について 医療費控除

院長あいさつ・経歴
院内ツアー スタッフ紹介 アクセス・診療時間 患者さんとの記念撮影 リンク集 プライバシーポリシー

歯並び・噛み合わせでお困りの方はご相談ください。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例


コールバック予約