トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 院長の技術力 » 「認定医」「指導医」を経て「専門医」になれる

「認定医」「指導医」を経て「専門医」になれる


日本矯正歯科学会からの評価には、「認定医」「指導医」「専門医」の3つがあります。

「認定医」になるためには?
「認定医」は、5年以上「日本矯正歯科学会」に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において矯正臨床の5年以上にわたる経験が必要です。また、学術誌に報告を発表。審査に合格した者に与えられます。矯正治療を行っている歯科医師約20,000人中、認定医は約2,600人います。

指導医になるためには?
「指導医」になるためには、12年以上の矯正治療経験をもち、認定医取得後大学病院で3年間の教育歴がなければ取得できない資格です。現在、日本矯正歯科学会指導医は、全国に約570人います。

専門医になるためには?
「専門医」とは「認定医」「指導医」よりも、さらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、認定医であり認定医資格を取得後に2回以上更新試験に合格していること、最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があることが必要です。

また、10種類の不正咬合についてその治験例(術後2年以上の結果を含む)を提出し、審査に合格しなければなりません。
さらに、5年ごとの更新時には、その間に終了した3症例を同様に提出して審査をパスする必要があります。

当院の院長は専門医試験に合格し、さらに5年後の更新試験に合格しているドクターです。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 院長の技術力 » 「認定医」「指導医」を経て「専門医」になれる


コールバック予約