トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ » 定期観察について

定期観察について

定期観察
4か月に1度(年3回)の定期観察を行います。

すべての矯正治療が終了後、予後に問題がないか、歯並びが落ち着いているかのチェックを行います。

第三大臼歯(親知らず)の生える場所が不足している場合は、歯並びや噛みあわせを悪くしてしまう恐れがあるため、抜いていただく必要があります。当院から依頼書を発行したしますので、専門医にて処置を行ってください。


定期観察の治療内容
・保定装置の調整
・虫歯のチェック
・歯肉のチェック
・歯のクリーニング
・簡単なPMTC
・第三大臼歯(親知らず)の経過観察


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ » 定期観察について


コールバック予約