トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 痛みの少ない治療 » 痛みを減らすために行っていること

痛みを減らすために行っていること


できるだけ弱い力で歯を動かす
歯は、歯の根っこ部分にある「歯根膜(しこんまく)」とよばれる組織で支えられています。
装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、この歯根膜にも負担がかかり、締め付けられるような痛みを伴う場合があるのです。

「できるだけ穏やかなチカラで丁寧に歯を動かす」――それが当院のモットー。
当院では患者の皆さんがすこしでも、苦痛を伴うことなく、治療を受けていくことができるように、歯根膜への圧力を軽減できるよう最大限の配慮をしています。
たとえば、ゴムのように「しなる」素材で、優しく弱い力で歯を動かし、痛みが出にくいといわれる"超弾性ワイヤー(NiTi製形状記憶合金)"など、患者の皆さんのニーズあった装置や素材を積極的に治療に取り入れています。

【クリッピー】痛みの出にくい最新式の装置
クリッピー
クリッピーは、歯をひっぱるワイヤーと歯に固定するブラケットとの間に摩擦が発生しにくい設計になっており、従来のブラケットより歯の動きを妨げることなく、かつ痛みが少ないといわれています。質の高い治療結果を得るために重要な「優しく弱い力をかけ続ける」ことを可能にした画期的な装置です。


クリッピー2
<クリッピーの特徴>
・治療中の痛みが軽減
摩擦が少なく、優しく弱い力で歯を動かすことが可能。
・治療期間の短縮
セルフライゲーションブラケットなので、毎回の調節時間を短縮。


金属部品を使わず、接着剤で装置を固定
今までの治療方法では、金属素材の「矯正用バンド」と呼ばれるベルト状装置を奥歯に装着し、固定する方法がなされてきましたが、この金属のバンドによって、口の中の粘膜が刺激されることによる不快感や、装置にたまった汚れによる虫歯の発生が矯正治療の大きなデメリットとなってきました。

そこで当院では、近年、注目を浴びてる「ボンド」と呼ばれる、特殊な接着剤で矯正器具を直接歯に接着固定する治療法を採用。「矯正用バンド」の使用によるデメリットを解消し、さらに、装置の装着時や撤去時の痛み・不快感の大幅な軽減も実現しました。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 痛みの少ない治療 » 痛みを減らすために行っていること


コールバック予約