トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例 » 混合歯列の症例(小学校低学年) ...すべて非抜歯による矯正治療

混合歯列の症例(小学校低学年) ...すべて非抜歯による矯正治療

早い適切な時期から矯正治療を行うと、歯を抜かない(非抜歯)で治療を終えることができる可能性が高くなります。

歯性反対咬合(受け口) 骨格性反対咬合(受け口) 歯性上顎前突(出っ歯) 骨格性上顎前突(出っ歯) 叢生(乱杭歯) 開咬(上下の歯が噛み合わず離れている)


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例 » 混合歯列の症例(小学校低学年) ...すべて非抜歯による矯正治療


コールバック予約