トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例 » 骨格性反対咬合(受け口)=非抜歯による矯正治療

骨格性反対咬合(受け口)=非抜歯による矯正治療

骨格性の反対咬合であればまず前歯部の反対咬合を改善して、その後永久歯列完成後に仕上げの治療をすることが一般的で、第一段階と仕上げの第二段階の治療と2回に分けての治療を行うことになります。

治療前

骨格性反対咬合(受け口)1 骨格性反対咬合(受け口)2 骨格性反対咬合(受け口)3
骨格性反対咬合(受け口)4 骨格性反対咬合(受け口) 骨格性反対咬合(受け口)6

サム矢印 治療後

骨格性反対咬合(受け口)7 骨格性反対咬合(受け口)8 骨格性反対咬合(受け口)9
骨格性反対咬合(受け口)10 骨格性反対咬合(受け口)11 骨格性反対咬合(受け口)12

 

トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療例 » 骨格性反対咬合(受け口)=非抜歯による矯正治療


コールバック予約