トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 院内ツアー » 感染対策

感染対策

当院では器具の材質に応じて消毒滅菌方法を以下のように使い分けています。
診療に使う器具はすべて予め消毒滅菌を行い、スタッフは必ずグローブを着用し治療にあたるなど、感染予防を徹底しております。

オートクレーブ
オートクレーブ(高温高圧蒸気滅菌器)
血液など感染源となる恐れがある汚れが付いた器具や、歯肉や粘膜の内部に入る可能性のある器具は、この器械で滅菌処理します。ピンセット、スケーラー、探針など金属製品がオートクレーブによる滅菌処理対象です。

殺菌水
殺菌水(酸化電位水)
当医院では、感染予防・消毒の徹底について、より一層の万全を期すため、通称EO水と呼ばれる、高レベルの殺ウィルス作用と殺菌作用がある「殺菌水(酸化電位水)」を導入しております。

このEO水(=酸化電位水)は、通常の水(H2O)を電子分解処理することにより生成されるpH2.5,酸化電位1100mVを有する水に変化したもので、強酸性のため、口に含むと少し酸味を感じますが、細菌やウィルス、体液、血液と反応した後、ただちに普通の水にもどりますので、人体にはまったく無害です。

EO水「殺菌水(酸化電位水)」により死滅する細菌、及びウィルス(例:エイズ、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス等のウィルスやMRSA、インフルエンザ菌、緑膿菌、水虫、タムシ等の糸状菌、黄色ブドウ球菌、食中毒菌(O-157含)、カンジダ等を瞬時に死滅させます。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 院内ツアー » 感染対策


コールバック予約