2010年5月28日 « トップへ » 2011年11月17日

2011年11月16日

スキャナー紹介

口腔内3Dデジタルスキャナー(iTero element)を使用した透明マウスピース型矯正装置作成
iTero element
シリコンなどの印象材を使わずに、口腔内を直接スキャンすることで、歯列・咬合の状態を精密で迅速にデジタルデータ化することができます。
このデータを用いることで、デジタル画像上での矯正治療のシミュレーションにより、わかりやすい治療の説明が行えます。
また、誤差が少なく精度の高いマウスピース矯正装置を作成することが可能です。

さらに、データのデジタル化によって装置完成までの期間が短縮されます。

iTero element

空隙歯列

治療前

空隙歯列
空隙歯列

矢印 治療後

空隙歯列
空隙歯列

 

2010年5月28日 « トップへ » 2011年11月17日


コールバック予約