トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療のメリット・デメリット » 不正咬合の状態を放置することによるデメリット

不正咬合の状態を放置することによるデメリット

1. 見た目の劣等感・コンプレックス。

2. 咬むという機能不全→顎の動きとの不調和から、顎関節への影響が出ることがあります。

3. 成長期の不正咬合は、顎の変形がすすみ、後の発育にマイナスの影響を及ぼすことがあります。

4. 凸凹の歯並びの場合、歯ブラシが届きにくく虫歯、歯肉炎、歯周病リスクが高くなります。

5. 消化器官として、物を噛み砕く機能が低下し、咀嚼機能が下がり、食べ物を噛み砕きにくいことによって、胃、腸への負担が増大することがあります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正治療のメリット・デメリット » 不正咬合の状態を放置することによるデメリット


コールバック予約