2012年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2012年2月26日

incognito.png

Incognitoという舌側(リンガル)矯正のセミナーに行ってきました。

Incognitoはドイツ発の、

精密に採った患者さんの歯型を

CAD/CAMというコンピューターでスキャンし、

コンピューターで作っていくというシステムで

患者さん一人一人の完全オーダーメイドの装置

を使用するシステムです。


CAD/CAMというものは、

最近ではむし歯治療時にセラミックの詰め物をするとき

使用されるようになったりしている

歯科治療に用いられている最先端技術です。


これによって装置の厚みが限りなく薄く出来るため、

舌側矯正治療でよく言われている

「装置装着時の舌の違和感」が大幅に軽減されます。


実物の装置を手にとって見てみましたが革命的な薄さでした!

incognito2.png


当院では今までにも舌側矯正治療を

他の装置(ブラケット)を用いて行っていましたが、

新しい現代版の舌側矯正のシステムではないかと思います。


ただし正直に申しますと良いことばかりではなく、

患者さん一人一人に対してのフルオーダーメイド装置

であるため装置料金が今までの装置に比べて高額になってしまいます。

こればかりはどうしようも無い問題です。


患者さんにとっては

装置が外観に触れることなく、舌の違和感が少なく、

歯科医にとっては

歯のガタガタ(叢生)、出っ歯(上顎前突)、しゃくれ(下顎前突)、

噛み合わせが深い(過蓋咬合)、前歯が噛み合わない(開咬)

などの様々な不正咬合に対して、

安定した治療効果の得られる装置であり、

双方にとってメリットのあるシステムだと思います。

なぜもっと早く取り入れなかったのだろうと後悔しました。

良いものは早速取り入れていきたいと思います。

Incognitoは良好な治療結果が得られるシステムであり

当院ではIncognitoを用いた舌側矯正を早速導入したいと思っています。

気軽にご相談下さい。

http://www.kosekikai.or.jp/

2012年2月24日

私は小学校の6年生の頃からコンプレックスだった

八重歯を矯正歯科治療でなおしました。


治療中には部活での楽器演奏もしていました。


今では綺麗な歯並びになって

歯磨きもしやすくなり

虫歯ができなくなりました。

現在、私は歯科衛生士になるために

広島高等歯科衛生士専門学校に入学し

こせき矯正歯科で矯正の実習を受けています。

口元を気にせず笑顔でいられることが嬉しいです。(J.Y)

http://www.kosekikai.or.jp/

2012年2月21日

歯列や歯並びがゆがむ原因の多くは

睡眠態癖といわれる習癖が大きくかかわっていることが、

最近明らかになってきた。

かたよった寝方を毎晩していると

頭の重みで下顎が押しつけられてゆがんでずれてくる。


スクリーンショット(2012-03-14 11.00.12).png

診療室で上下の前歯の真ん中(正中)がずれてきた方によく聞きただすと、

かたよった寝方をしている人が多い。


その他の習癖ではほおづえがある。

こういった習慣が続くと、

噛み合わせではゆがんだ歯並びや、

顔のネジレ・顎関節症にまで影響してくる。

思い当たる方はすぐにこういった習癖をやめることを提案します。

http://www.kosekikai.or.jp/

2012年2月17日

ブログをスタート致しました。
これからどうぞよろしくお願い致します。

http://www.kosekikai.or.jp/

メイン | 2012年3月 »

こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。