«  2012年2月21日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2012年2月21日

歯列や歯並びがゆがむ原因の多くは

睡眠態癖といわれる習癖が大きくかかわっていることが、

最近明らかになってきた。

かたよった寝方を毎晩していると

頭の重みで下顎が押しつけられてゆがんでずれてくる。


スクリーンショット(2012-03-14 11.00.12).png

診療室で上下の前歯の真ん中(正中)がずれてきた方によく聞きただすと、

かたよった寝方をしている人が多い。


その他の習癖ではほおづえがある。

こういった習慣が続くと、

噛み合わせではゆがんだ歯並びや、

顔のネジレ・顎関節症にまで影響してくる。

思い当たる方はすぐにこういった習癖をやめることを提案します。

http://www.kosekikai.or.jp/

« 2012年2月17日 | メイン | 2012年2月24日 »

こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。