«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 結婚式 | メイン | 中四国矯正歯科学会で口演発表を行いました »

2012年7月25日

6月下旬に、第一小臼歯を4本抜歯して

本格的に舌側 裏側からの 矯正治療(インコグの治療)を 開始しました。

大田瞳_20120725_08.jpg

歯を抜いたせいか、ご飯が食べれなかったせいか、

それとも年齢のせいか、ほうれい線が目立ちショックでした。

でも見る人によっては「顔がスッキリして痩せたんじゃない?」と言われ、

少し嬉しかったです。

今は、歯が少しずつ動いているのがわかり、

今後どうなっていくのか楽しみです。
                   
   歯科衛生士 大田 瞳

矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
        http://www.kosekikai.or.jp

Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。