«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 食欲の秋、読書の秋、運動の秋 | メイン | 矯正歯科中の歯磨きについて »

2012年10月13日

大学の同期会併設の講習会がが、10月7日の夜に
 
東京で開催される機会があったので参加することにしました。

せっかく東京に出かけるのだから、なにかイベントはないかと検索していたら

ちょうど楽天ジャパンオープンテニス2012 が、
 
有明テニスの森公園の 有明コロシアムで開催されていて

10月7日は 男子ダブルスの決勝戦と シングルスの決勝戦があることが分かりました。

幸いなことに、男子シングルの決勝戦に錦織圭が勝ち残っていました。

ただ、決勝戦の対戦相手は、ライオニッチ(カナダ)で、

220キロを上回る強烈なサーブを打ち込んでくる選手でした。

この楽天オープンの大会でライオニッチのサービスゲームを破ったのは、

準決勝のアンディ・マレー(英国)が初めてで、ほんの1ゲームだけでした。

こんな相手と、錦織圭が対戦するので、苦戦して負けるかと思っていたら、

彼のサービスゲームをブレイクしていき、とうとう優勝してしまいました。

IMG_0815.jpg

大学の講習会があったおかげで、こんな優勝戦を観戦でき、ラッキーででした。

休診日にテニスをしている私には、

とっても忘れることの出来ない価値ある思い出となった一日ででした。

錦織圭選手の今後が、ますます楽しみです。

                       院長 小跡 清隆

          矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
          http://www.kosekikai.or.jp


Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。