«  2012年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年12月31日

皆様、年末年始いかがお過ごしですか。

今年の冬は特に寒いですが、風邪などひかれていませんか。

私は毎年お正月に田舎へ帰ります。

田舎イラスト.jpg

そうすると、いつも祖母が手作りのおせちとおはぎを作って、待ってくれています。

それを食べると毎年お正月を迎えた気分になります。

今年もみんなで集まって美味しい料理を食べながら、

わいわいとおしゃべりするのを楽しみにしています。

皆様もお体に気をつけて、どうぞ良い新年をお迎えください。

歯科衛生士 長谷川 恵子

        矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
         http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月28日

もうすぐお正月ですね!

私は今年初めて鏡もちを自分で作ってみようと思います。

kagamimochi_tips.jpg

ウラジロとユズリハは、山に採りに行きます。

一番上に乗せるダイダイは、色や形がよく良い感じに葉っぱが付いているのを、

こだわって買ってみました。

お餅の下に敷く昆布が何軒のお店に行ってもないので、

昨日マダムジョイの店員さんに聞くと

「最後の一枚です」と奥から出してきてくれました!

これで、手作りの鏡もちが出来そうです。

okagami_1.jpg

皆様も良いお年をお迎えください。

                          歯科衛生士 大田 瞳

          矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
           http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月25日

先日の土曜日にお休みを頂いて、専門学校時代の友人の結婚式に参列した来ました。

新郎新婦には学生時代からすごく仲良くさせてもらっていたので

結婚することを聞いて、ハッピーな気持ちになることが出来ました。

先月、うどんを食べに行ったときにも一緒にいた友人だったのですが、

結婚式の花嫁姿を見ると、別人みたいでした。

images-1.jpeg

普段から綺麗な友人なのですが、

純白のウエディングドレスを着た友人は、いつも以上に輝いて見えました。

同じテーブルには学校を卒業して2年ぶりに再開する友人もいて、

凄く楽しい時間を過ごすことが出来ました。

                          歯科衛生士 越智 千紗 

          矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
           http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月21日

インフルエンザ予防する一つの有効な方法が、口の中を清潔にすることだという考えが

広がり、学校や病院、企業などが真剣に取り組んでいる。

各地の学校や病院では、歯磨きなどで口の中の細菌の活動を抑制しインフルエンザ感染を

防ごうとする活動である。

inhuruenza10.jpg


うがいや手洗い、予防接種など従来の対策に口の中を清潔にすることを組み合わせれば、

インフルエンザは怖くなくなる。

images.jpeg

また体の弱った人に発症しやすい誤嚥性肺炎も予防できる。

口内ケアがインフルエンザ対策に有効との認識が広まったきっかけは、

東京歯科大学の奥田克爾教授(口腔細菌学)が発表した論文「口腔ケアによる細菌性酵素

活性の減少とインフルエンザの感染予防」による。

口やのどに存在する細菌は、プロテアーゼやノイラミダーゼなどの酵素を生産する。

プロテアーゼは、口やのどの粘膜を守る層を破壊し、ウイルス感染しやすくする。

ノイラミダーゼはウイルスの細胞から細胞への感染を助長する。

口腔内ケアでこれらの酵素の生産する細菌を減らすことができるという。

皆さんもこれから流行するインフルエンザ予防のためにも

口の中を綺麗に保つように心がけよう。

                         院長 小跡 清隆

          矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
           http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月15日

以前は食べたらすぐ歯磨きすることを指示していましたが、

最近は、食事をした直後は、お口の中が食べ物によって酸性になっていて

歯の表面が、僅かに溶けかかっている観点から、

唾液が出てきて酸性になったお口の中を、中性に戻してくれるまで

およそ30分経過してからの歯磨きを、おすすめしています。

illust3158.png

食事直後の歯は、酸によって柔らかくなりかけているので

それを歯ブラシで ゴシゴシ磨くと 歯が痛みやすくなります。

したがってくれぐれも 食事後 30分経過してからの歯磨きをおすすめいたします。

以前にも これらのことは ブログに書きましたが

フッ素入りの歯磨きペーストを使用している方がほとんどだと思いますが

歯磨き後の うがいは ごく少量の水 約10ml で

1回だけ口をすすぐことが フッ素を流し去らないで

歯に取り込まれるようにするためにも大切です。

丈夫な歯を 長く使っていくためにも。

                            院長 小跡 清隆

    矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
     http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月11日

すっかり寒くなりましたが、みなさんいかがお過ごしですか。

あっという間に12月ですね。我が家でもクリスマスの飾り付けをしました。

市内では、恒例のドリミネーションが開催されていますね。

先日見に行ってきたのですが、年々華やかになっていて、とても綺麗でした。

キラキラとイルミネーションが街を彩っていて、幻想的な光の世界に包まれていました。

「おとぎの国」をテーマにしていて、順番に歩いて見てまわると、物語が出来上がるそうです。

まだ行かれたことのない方は、ぜひ一度訪れてみてください。

                        歯科衛生士 長谷川恵子

image.jpeg


矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
   http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月 8日

最近、私がハマっているものは「鍋料理」です。

この寒くなってきた頃には、皆さんのご家庭でもよく出てくる料理です。

時間がない時も、ササッと作れて、野菜もたくさん食べれてとても簡単ですよね。

スープは、「シメまでおいしいスープ」シリーズが好きで、

みそ、塩、キムチ、いろいろありますが、

私は個人的には「とんこつしょうゆ味」が好きです。

images11.jpeg

具も毎回様々で、必ずはずせないのが、

「鶏だんご、ウインナー、水餃子」です。

しかし、いつも、しめに雑炊かラーメンにしようと思っても、

お腹いっぱいでそこまでたどり着かず終わってしまいます。

今スーパーには、いろんな鍋のスープが売っているので、

他にもいろいろ試して、またお気に入りを探そうと思います。

みなさんも是非試してみて下さい。
                    受付  村上 恵


          矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
          http://www.kosekikai.or.jp

2012年12月 4日

こんにちは。
副院長の小跡弘幸です。

先日、岩手県盛岡で行われた日本矯正歯科学会にて認定医取得のための試験を受け、

合格しました。

やっと
日本矯正歯科学会 認定医を取得しました!

この認定医の資格は矯正歯科治療を専門的な教育機関で受け、

さらに5年間の臨床経験と、自分で治療した10症例の評価、

治療に関しての試問をパスすると取得できるものです。

小跡弘幸 認定医資格証H24 72dpi.jpg

当院の院長である父は、さらに上の専門医の資格を持っていますが、

矯正治療に携わって5年、僕はやっと認定医の資格を得ることができました。

父にはまだ遠く及ばないかもしれませんが、

これからも治療に真剣に取り組んでいきますので皆さんよろしくお願いします。


   矯正についての詳細はこちらをご覧下さい。
          http://www.kosekikai.or.jp

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。