«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月27日

顎間ゴムとは

上下の歯にゴムをかけお互いに引っ張り合い、

その力を利用して歯を目的の位置に動かしたり、

上下の歯の位置のズレを修正して咬み合わせを改善します!

これは矯正治療を進めるために絶対必要なもので、治療期間にも非常に影響を与えます。

矯正治療は自分で治そうと前向きに頑張ってくれる患者様ほど早く治ります。

早くきれいな歯並びを手に入れるために必要となりますので、ご協力をお願いします。

【顎間ゴムの使い方】

①1日20時間以上使用しないと効果がないので食事中と歯磨き以外は使用してください。

②ゴムは毎日新しい物と交換してください。

【使用注意】

①必ず先生の言われたところにかけてください(間違えないように

慣れるまでは鏡で練習してください)

②早く動かしたいからといって、同じ場所に2本かけないでください。


☆ゴムが少なくなりましたら、なくなる前にお電話ください。至急送ります。

☆顎の痛みや、かける場所が分からなくなったり。気になることがありましたら、

お電話くださいね。

                         歯科衛生士 大田 瞳

2014年7月19日

みなさんは、骨隆起を知っていますか。

その大きさは様々です。比較的多いのが、下の歯の内側にできる膨らみです。

痛みをほぼ伴わないため、本人にはまったく自覚がないことが多いです。

歯医者で指摘され、気づく方が多いのではないでしょうか?

通常は、骨の表面を歯肉が覆っています。

骨隆起.jpeg

歯肉はある程度の厚みをもっていて、外からの刺激から骨を守っています。

しかし、隆起した骨の表面を覆う歯肉は厚みが薄いことがよ みくあります。

よく見ると、膨らんだ骨が透けて見えるほど歯肉が白い色をしていることがあります。

そういう場所は、歯ブラシやスプーンなどが少し当たっただけで傷になりやすいので

普段から噛み締めなどは意識的に直す必要があります。

                        歯科衛生士 越智 千紗

2014年7月16日

矯正治療により得られる効果には様々なものがあります。

歯列を整えることで歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防ができ、

発音が綺麗になり、食べ物が良く噛めるようになるので、

唾液が増え胃腸への負担も軽減されます。

(目立ちにくい 白っぽいワイヤーによる矯正治療)
ホワイトワイヤ(トミー).jpg

また噛むことで脳が刺激を受け、脳の発達が活発になり、

精神的にも安定し、集中力や忍耐力も高まります。

噛み合わせが整うと、歯や顎の筋肉に無理な負担がなくなり、

緊張がほぐれることで、口元やフェイスラインも引き締まり、

自然で穏やかな表情になります。

そして肩こり・頭痛・腰痛など体調不良の症状が軽減されます。

治療後は口元が綺麗になるだけでなく、噛む力が均等になり、

歯を長持ちさせることにもつながります。

                   歯科衛生士 長谷川 恵子

2014年7月 6日

ストレス社会と言われる昨今、忙しくて自炊するのも難しいという方も増えています。

そんな、ストレスを解消するために、食材の食べ合わせを意識してみましょう。

ストレスを緩和するには、ビタミンCとタンパク質を合わせて摂ることが大切です。

フルーツや野菜に含まれるビタミンCは、ストレスに対するホルモンを出すよう

副腎に働きかけ、タンパク質は血や肉を作ったり、ホルモンを形成します。

この2つを日常的に摂取しておくと、ストレス緩和に役立ちます。

夏野菜.jpeg

タンパク質は、ストレスが加わると分解されてしまうため、

ピーマンやトマト、絹さや、かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンCと

豚肉や豆腐といった良質なタンパク質を両方摂取できるメニューがお勧めです。

忙しい時こそ、食べ合わせを意識して、日ごろのストレスを取り除けるように

食事から試してみましょう。

                              受付 村上 恵

2014年7月 1日

これから暑くなり水分補給として、スポーツドリンクを飲む機会が増えてくると思います。

スポーツドリンクは体内に不足しているものを補うために様々な成分が含まれているので、

日射病・熱射病で脱水症状を起こさないためにも必要な飲み物だといえます。

スポーツドリンク.jpeg

でも、このスポーツドリンク、実は歯にとって、

あまり良い飲み物とはいえないのをご存知だったでしょうか?

スポーツドリンクには、カリウム、ナトリウム、マグネシウムだけでなく、

アミノ酸やクエン酸が多く含まれています。

このアミノ酸やクエン酸がお口の中に長くあると、酸で歯を溶かしていきます。

なんと!虫歯の原因は糖分だけと思ったら大間違いなのです。

ですから、出来る限りスポーツドリンクを飲んだ後は水やお茶を飲んだり、

うがいをして、ロの中に残った糖分や酸をすすぎ、虫歯にならないように

気をつけてくださいね!

                       歯科衛生士 大田 瞳

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。