«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« エナメル質形成不全 | メイン | 歯と腰痛 »

2015年2月12日

皆さんはお子さんの正しいおやつの取り方は知っていますか?

子どもは成長が盛んなため、大人に比べて体重あたりのエネルギーや栄養素が多く必要で

す。 また、消化吸収機能も未発達で、一度に食べられる量が少なく、

1日3回の食事だけでは必要な栄養量を満たすことができません。

そのためにおやつが必要となります。

3回の食事で摂ることができなかった栄養分を子どもはおやつで補うのです。

おやつは子どもの活発な生活に休養を与え、疲れをとり、

気分転換と情緒の安定につながります。

良い習慣づくりを身につけさせます。おやつの前に手を洗って食卓で食べることや、

なるべく買い食いを避けること、食べた後に歯磨きをさせて虫歯を予防させることも大切です。

しかし、おやつは何でも良いとは限りません。

甘いものやスナック菓子などは間食には入りません。

お勧めなのはおにぎりなどの間食です。

               こせき矯正歯科 歯科衛生士 越智 千紗

Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。