«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 保定について | メイン | 歯周病と糖尿病の意外な関係 »

2015年10月27日

私は、現在 外側ではなくて

目立たない裏側矯正治療(インコグニート装置)中です。

最近上の犬歯から下の一番奥の歯の左右に顎間ゴムをかけています。

使用してスグに違和感があり、鼻の奥がモンモンしてきますが...。

一晩寝たら治りました(^_^)

特に裏側矯正は掛けるのが難しく、

「私は今まで、なんて難しい事を患者さんにお願いしていたのか...」

と少し申し訳なく思いました。

でも、噛み合わせの違和感も、ゴム掛けの難しさも2・3日で慣れました。

それと、時々患者さんにゴム掛けをしたまま食事をしてもよいか聞かれるので

、掛けた状態でご飯が食べれるか試してみました。

結果~ご飯は食べれますが、ゴムも食べてしまいます!

なので、取って食事をしてください(^_^)

患者さんによっては顎間ゴムは矯正治療に欠かせないものです。

ゴム掛けをお願いしている患者さんは引き続き頑張って使用をお願いします!

でも、使用中に顎の痛みがある時はお電話ください。

              こせき矯正歯科 歯科衛生士 大田 瞳

Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。