«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周病と糖尿病の意外な関係 | メイン | 歯への金属の修復物 つめもの »

2015年11月11日

歯根と歯槽骨との間には、歯根膜という組織があり、

健康な歯でもわずかに動揺します。

病的な動揺としては、歯周病や咬合性外傷、歯根破折、

補綴物の脱離など様々な原因があります。

歯周病になると、歯を支えている周りの骨がだんだん溶けて減ってしまい、

進行していくと動揺の度合いは大きくなります。

また咬合性外傷といって、歯ぎしりや噛みしめ、噛み合わせに問題があると、

歯に強い力が加わり、動揺することがあります。

みなさまのお口の中には、ぐらつきのある歯はありませんか?

放置しておくと動揺が悪化してしまう恐れがありますので、

歯科医院でチェックしてもらいましょう。

                こせき矯正歯科 歯科衛生士 長谷川恵子

Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。