«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯の動揺について | メイン | 矯正歯科の治療費 »

2015年11月14日

矯正後、きれいにならんだ歯並びを見て奥歯の銀歯が、

気になったり、前歯の詰め物が気になったりする方はいませんか?

せっかく歯並びが綺麗になったから詰めているものも新しくしたい。

綺麗にしたい。と言われる方は、たくさんいらっしゃいます。

保険外のものは欠点として高いのが現状です。

1)メタルボンド
2)オールセラミッククラウン(オールセラミック冠)
3)ラミネートベニヤ
4)セラミックインレー
5)ハイブリットセラミック

などがあります。

セラミックの利点として、見た目がよく強度が高いのが特徴です。

因みに矯正中つける白いブラケットもセラミックが使われています。

                こせき矯正歯科 歯科衛生士 越智 千紗

Categories

  • お知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
こせき矯正歯科 院長 小跡清隆

こせき矯正歯科
院長 小跡清隆

患者さんにとって、矯正治療は、歯の浮くような不快感や矯正装置の煩わしさだけではなく、長期間にわたる通院や費用的にも、決して楽な道のりではないと思います。だからこそ、その長い道を、患者さんの信頼と頑張りにしっかり応え、治療のリスクや負担を軽減しながら、ゴールまで伴走し、完走した喜びをいつまでも絶やさずに保つことが矯正歯科医としての使命だと捉えています。